嫁が怒るやらトイレが水漏れやら電車に遅刻やら。

デジタル化でアマチュアが簡単にプロレベルで音楽が作れる時代になって、
巷には音楽が溢れています。
これだけ音楽が氾濫すると被らない方がおかしい位で、3流曲の歌詞とメロディは、
どこかのコピペと言われても信じてしまいます。
反対にそんな流れを打破したいと考えて突拍子もない歌詞やメロディで
仕上げてくる猛者もいるにはいるのですが、
最終的にまとまりきっていない事が多く企画倒れ感が否めません。
特に歌詞で差を付けようと、嫁が怒るやらトイレが水漏れやら電車に遅刻など、
歌詞必要?となっている音楽も耳にします。
やっぱり、名曲を作るのは難しいんですねぇ。

お風呂が水漏れしてても、歌いたい!

お風呂で歌って歌いますか?私は歌ってしまう派です。
意識して歌っているのではなく、気づくと歌っている事が多いです。
しかし、我が城とアパートはドア側にお風呂場が設置してあるので、
ある程度の音域で歌ってさらに通路にご近所さんがいたりしたら、
とっても恥ずかしい事になるんです。(泣)
お風呂で歌うオススメの洋楽というと変ですが、
自然とバラードが口ずさむのでバラードかなぁ。
DUO系が特に気持ちいいが、女性パートは誰にも聞かれたくないです。
しかし、それも今や昔、お風呂の水漏れを修理しない限りは、
銭湯通いで歌えません…。